ライブやりますた。キングラットとハーパーズミル

報告が遅くなりましたが、2本ほどライブをやりまして。
まずは1月24日のキングラット。
U.P.Pさんとkomesさんと一緒でした。
U.P.Pさんは初めてタイバンしたのですが、スティービー・ワンダーやマイケル・ジャクソン、プロコルハルムなんかのクラシックロックやソウル、R&Bの名曲をカバーするバンド。
めちゃくちゃうまい。歌も熱い。
かっこよかったなー。ギターはエレガット(たぶん)で流暢でジャジーなフレーズで気持ちよかった。またタイバンしたい。

komesについては、語る必要もない。相変わらずのコウさんのパーカッシブな「のせるギター」にキャメちゃんの非の打ち所のない太く伸びやかなボーカル。
そしてフェアグラウンド アトラクションのあの曲を、いつもどーりかましてくれたら楽しいに決まってるじゃん。
下の写真はU.P.Pさんのベースの方の撮影したもの。珍しくジャケット着てる3人。男前に写ってるかな?

続いて2月21日、甲府ハーパーズミル。Glove Senses岩崎けんいちという憧れの先輩との競演。

けんちゃんの歌、元気出るなぁ。いつも元気もらってる気がするわ。
でもさ、けんちゃんの音楽の良さって寂しさだと思ってるんだよね。
笑いながら『元気だせよ』って言ってるんだけどなんか悲しいみたいなね。
うまく説明できないけどね。
俺も弾き語りやりたくなってきた!まじで。

そんでグロセン、ほぼ半分新曲で来た!一曲目の「おはよー」はFREEのI’m a Moverのオマージュって感じのアレンジだ。トシローさんの新曲がとても気にいった。カーネーションのガールフレンドアーミーに入ってそうな感じで、そう伝えたら、あれは『民生くんの…』だって。
元LCPのノリオさんのサポートもバッチリでたまげることばかり。甲府のデュプリー決定。
簡単に言うとチョーかっこいい。憧れ。憧れ。ほんとそれだけ。

最後にけんちゃんがFacebookに書いてくれたコメントを引用しちゃう。

ぺんちゃんのギター弾いてる残像はかっこよさを追求するイメージにつながるので若者ギターリストには体感してほしいです。

超うれしい!泣いちゃう!www

さとぅーしぃ
ほいじゃ、また。